胎盤は普通子宮の上の方にくっついているべきものですが、子宮の下の方とか、 子宮口の一部から全部を覆う場合を前置胎盤といいます。

前置胎盤とは

胎盤は普通子宮の上の方にくっついているべきものですが、子宮の下の方とか、 子宮口の一部から全部を覆う場合を前置胎盤といいます。

胎盤が子宮の出口に付着している場合、妊娠後期になり子宮の下の方がだんだんと伸びて上にあがっていくと、 胎盤がこの子宮ののびについていけないために、胎盤と子宮の結合面にずれができて、一部がはがれてしまい、出血がおこります。

この出血は突然起きて、痛みは伴わないのが普通です。早い時期に出血が多くなり止まらなければ、止血のために、胎児を娩出するしかなく早産になります。ですから、胎児が胎外生活可能な大きさに成長するまで、出血をおこさないようにすることが最も大切で、場合によっては、 入院絶対安静が必要になったりします。

胎盤の置は超音波で知ることができて、妊娠中期には、必ず検査します。妊娠後期になっても胎盤が子宮口をふさいでいたら、経膣分娩は危険なので、帝王切開することが多いです。

前置胎盤と最初の方に診断されても、妊娠が後期になってきて、胎盤がそれにともなって上にあがることもあります。前置胎盤にも、全前置胎盤、部分前置胎盤、辺縁前置胎盤、低位置胎盤などがあり、全前置胎盤となると妊娠初期から入院管理されることが多いようです。

前置胎盤と診断されたら、胎児が子宮の外で生活するのに大丈夫な時期に帝王切開するのですが、帝王切開のときに、 出血は普通の分娩より多いため、出血に対する準備をすることもあります。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ