妊娠糖尿病になった妊婦は産後は正常に戻るけど、約半数は10~20年後にはまた糖尿病を発症するというデータがあります。規則正しい食生活を心がけるようにしましょう。

妊娠糖尿病とは

妊娠糖尿病とは、それまで糖尿病の症状がなかった人が妊娠をきっかけに発症することを言います。

妊娠糖尿病になると、妊娠高血圧症候群や羊水過多症、感染症などを引き起こしやすくなります。妊娠糖尿病(お母さんの血糖値が高い状態)になると、糖が赤ちゃんの方に移行し、胎児も高血糖の状態となります。赤ちゃんの方に移行した糖は脂肪として蓄えられるため、巨大児が生まれる可能性があり、巨大児になると自然分娩が難しく帝王切開にならざるを得ない場合があります。

妊娠糖尿病になった妊婦は出産後は正常に戻るとはいえ、約半数は10~20年後にはまた糖尿病を発症するといわれています。妊娠糖尿病と診断された場合は、食事療法と運動療法によって血糖値を正常に保つよう調整することが大切です。

医師の指導に従い、生活習慣の改善に努めましょう。また糖尿病になった妊婦には、治療の一環としてインシュリン注射を行う場合があります。インシュリンは胎盤を通らないため、赤ちゃんに影響することなく母体の治療に役立つので安心して治療を受けて下さい。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ