切迫早産とは

切迫早産とは、本来閉まっているはずの子宮口が、2~3cm程度開いてしまう、 あるいは規則的な子宮収縮が始まり、妊娠22週~37週未満(未熟児)の早産になりかけている、早産になるかもしれない状態のことを言います。切迫早産の原因はいろいろですが、ひとつに、「絨毛羊膜炎」をはじめとする生殖器の細菌感染による炎症が切迫早産を引き起こす原因として注目されています。

生殖器周辺で炎症が起きると子宮口を熟化(お産へ導く)させてしまう物質が分泌されるためと言われています。そのため、炎症を抑えることで結果的に切迫早産を防ぐという研究が出ていて治療薬も開発中のようです。母親の親族にも切迫早産を経験している人がいるなど遺伝的要素、双子や三つ子などの多胎妊娠羊水の異常、妊娠中毒症や生まれつきの子宮の形、母親の病気や胎盤の位置、胎児自身の異常などさまざまな原因があげられていますが、生まれるまで全く原因不明ということも多いようです。

また、直接切迫早産の原因ではありませんが、「子宮頚管無力症」という病気があります。子宮頚管無力症は無自覚に子宮口が開いていってしまうため、結果的に早産を引き起こすことがあります。

切迫流産・早産の対処の一つとして、マクド法・シロッカー法と呼ばれる手術で子宮口を縛ることがあります。手術自体は10分程度で終わり、数日の入院から長くても10日前後で退院できるようです。しかし、手術そのものが流早産の引き金になることもあるので、手術を受ける際はよく説明を聞いて納得した上で施術してもらうことが必要でしょう。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ