卵管障害

卵管障害とは、女性は排卵前になると卵管の中の粘液の量が増え、さらに、粘液の粘性が下がってきます。
そうする事によって、精子が子宮の中の卵管へと入りやすくなり、妊娠しやすくなります。
また、卵巣から子宮へと卵を運ぶ細い管を卵管といい、子宮の入り口の部分にあって膣と子宮をつなぐ管のことを子宮頚管といいます。
この大事な部分に腫れや炎症ができてしまうと卵子と精子の出会いが邪魔されるので、卵管性不妊の原因となり妊娠しずらくなる場合があります。
卵管障害は、不妊の原因の中でも最もおおい部類のもので、他の不妊原因との重複例を含めると、不妊原因の30~40%をしめるといわれています。
卵管障害は、通水・通気検査や子宮卵管造影検査によってしらべます。

卵管癒着・卵管閉鎖

卵管癒着は、分泌物や卵管の炎症などで、通りが悪くなっている状態をいいます。
卵管閉塞は、卵管がふさがってしまった状態のことをいいます。
卵管が細菌などに感染して炎症を起こしたり、過去に行われた開腹手術が原因で起こることがあります。
クラミジア感染症などの性感染症は、卵管に炎症を起こす原因として注目されています。
また、子宮内膜症も子宮内膜が卵管に付着すると、卵管の詰まりの原因になります。

・治療法

卵管は二本あるので、片方がふさがってしまってももう片方が正常なら自然妊娠の可能性はありますので、タイミング療法で様子を見てもよいでしょう。
しかし片方の卵管だけでは妊娠率が下がるので、排卵誘発剤を使うこともあります。
両方の卵管が完全に閉塞している場合や、他の不妊原因も重複している場合は、一般不妊治療では妊娠率が非常に低くなるため、体外授精へ進みます。
卵管間質部・卵管狭部がせまくなっている場合は、選択的卵管造影検査、子宮鏡検査、卵管鏡検査などを行います。
軽い卵管障害であれば、検査で内腔が広がって卵管が通ることもあります。
マイクロサージェリーで卵管を通す手術をすれば、自然妊娠の可能性もあります。
とても小さな部分でも拡大して見ることができる顕微鏡で見ながら、詰まっている卵管を切除しつないで通りやすくする方法です。

・卵管水腫

卵管水腫とは卵管内で細菌に感染し炎症が進むと、卵管采が詰まってしまい、完全に閉じてしまうと、やがてそこに、うみや水がたまって卵管水腫になります。
卵管水腫になると、排卵した卵子を卵管采が取り込めなくなってしまいます。
炎症がひどくなると、卵管内の繊毛がなくなってしまって、卵子を子宮に運ぶことができなくなります。

・治療法

卵管形成術を行い、閉じかかった部分を開いて、人口的な卵管采を作ることができます。
しかし、すでに繊毛がなくなってしまったり、全く機能しなかったり、卵管水腫が卵管狭部にまで広がっているような場合は、体外授精に進みます。
ですが、卵管は2本あるので、片方が健全なら自然妊娠の可能性はあります。

ピックアップ障害

ピックアップ障害とは卵管の一番先端にある卵管采(卵巣から飛び出した卵子を受け止める役目)が正常に機能していない症状のことをいいます。
ピックアップ障害の原因には、クラミジア感染症や子宮内膜症による癒着、子宮筋腫による卵巣と卵管采の位置異常などがあります。
最近はクラミジア感染の急増にともなって、その感染によるピックアップ障害が増えてきています。
また、原因がよく分からずピックアップ障害になる例も多いようです。
精神的なストレスによって発症するともいわれています。
卵管が閉塞していてピックアップ障害になっている場合は、 腹腔鏡検査や子宮卵管造影検査などで発見することはできますが、 卵管が通じているにもかかわらずピックアップ障害になっているとなかなか発見されにくい障害です。
機能性不妊(原因不明の不妊)の多くが、このピックアップ障害だといわれています。

・治療法

ピックアップ障害は、卵子が自然に卵管内に取り込まれないため、妊娠するためには体外受精の必要があります。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ