一般的に、処世は妊娠すると歯周病になりやすくなるといわれていますが、それはなぜなのでしょうか。つわりと女性ホルモンによる影響が2大原因とされています。

妊娠が歯周病になりやすいワケ

つわりによる原因

妊娠初期のつわりにより、歯磨きができない時期が続くことが、口内の雌雄病菌が増幅し、歯周病にかかりやすかったり、進行しやすかったりしてしまいます。

つわりがひどい妊婦さんの場合、口に歯ブラシを入れることすらできなかったり、歯磨き粉のにおいがダメになったり…様々な理由で歯磨きができない状態が続くこともあるようです。

他にも妊娠中は

  • 唾液の分泌が減り口内が酸性に傾くことで、虫歯もできやすい。
  • 嗜好の変化によって歯に良くない食べ物ばかり好んで食べるようになる。
  • 食べづわりといって、だらだら長時間にわたって食べ続ける習慣

などの原因から、歯周病やむし歯が進行する危険性が高くなります。

女性ホルモンによる原因

妊娠と歯周病の関係については、女性ホルモンがかなり深くかかわってきます。

妊娠中は血液中の女性ホルモン(エストロゲンプロゲステロン)が増加します。エストロゲンは、特定の歯周病菌の増殖を促進し、歯肉を形作る細胞を標的とします。プロゲステロンは、炎症のもとであるプロスタグランジンを刺激、歯磨きをあまりできていない状態の歯垢が残っている口内では、悪循環が起こっています。

また、これらの女性ホルモンは、出産前には月経時の10~30倍になるともいわれるため、妊娠中期から後期にかけて妊娠性歯肉炎が起きやすくなります。

あきらめないで出来る歯のケアを

歯垢が残っていない清潔な口内では歯肉炎は起こらないか、起こった場合でも軽度で治まるので、やはり歯周病にかからない、進行させないためには、歯のケアが大事になってきます。

つわりのとき、歯磨きができないならば、うがいだけでもしたり、キシリトールガムを噛むようにしたり、できるケアを無理せず続けることが、出産後の歯周病や虫歯を重症化させないコツです。

つわりが治まったら、いつも以上に歯のケアをするようにしましょう。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ