「妊活」…とは、妊娠についての正しい知識を学び、自分のカラダの状態を把握したうえで、妊娠するためにポジティブに活動すること。
「妊娠力」…とは、自然に妊娠するチカラのこと。をいいます。

妊活を始める上で、最近良く耳にする言葉が、「妊娠力」です。女性の妊娠力に最も影響してくるのが、やはり年齢です。そしてそれは、卵子のなりたちが関係しています。

男性は、毎日新しい精子を作り続けているのに対し、女性は胎児の時から卵巣内に全ての卵子の元が存在し、新しく作られることは決してありません。このため、加齢とともに卵子は少なくなり、その質も低下してしまうのです。

年齢による卵細胞数の変化

  • 母親のお腹の中にいる胎児の頃が最も多く、約700万個
  • 出生時には、約200万個に急速に減少
  • 排卵(初経)が始まる思春期頃、30万個
  • 37歳頃をすぎると急速に減少し、2万5千個
  • 卵細胞の数が100個以下になると閉経
  • 卵子も加齢とともに「老化」し、質が低下する

上記した卵細胞数の減少や老化は避けられない現実ですが、その進行具合には、かなりの個人差があります。

年齢の割には卵巣年齢が若くて卵子がたくさんある人もいれば、反対に年齢以上の卵巣の老化が進み、卵子の数が少なくなっている人もいるということです。自分の「卵巣年齢」を知り、卵子の質を高めるために生活をすることが、自然に妊娠するチカラ、「妊娠力」を高めるためにとても重要なことなのです。

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ