東京都世田谷区は、入所条件を満たしているのに保育施設に入れない平成28年度の待機児童数(4月1日時点)が、過去最多の1198人人となったと発表。

待機児童数

  • 全国最多だった昨年同期(1182人)よりも16人増加。
  • 保育園の利用率が高まったことなどが待機児童の増加か。
  • 世田谷区は来年4月に向け今年度中に保育定員を約2200人増やす。
  • 同区の待機児童数は、児童が保育所に入ることができず親が育児休業取得中の場合も含めている。
  • 区保育課によると、保育施設全体への申し込み者数は、27年度比264人増の6439人。
  • 0~2歳児の申し込み者数は313人増の5332人で、待機児童の約8割を占めている。
  • 同課の担当者は「人口自体が増えていることに加え、経済状況の変化や就業率の高まりで保育園利用者が増えた」とみている。
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ