妊娠中にドライアイ用の目薬を使用するのは基本的に問題はありません。ですが医師によってはなるべく使用しない方が良いと言われたり、目薬の裏面に「妊娠中の方は使用を避けて下さい」などもあるので、注意が必要ですね。

妊婦は目薬を使ってもいいのか?

A.乾燥を防ぐための目薬(ドライアイ用やコンタクト用)は使用しても大丈夫。

点眼薬は使用しても少量だし、外用薬なので妊娠中に使用しても大丈夫なものが多いです。

使用しない方が良い目薬の種類は?

A.花粉症などのアレルギー性の目の痒みを抑える目薬

市販のもので妊娠中に使用しない方が良い目薬は、アレルギー性の目のかゆみや不快感を抑える目薬です。そういう目薬の成分の中には「トラニラスト」「プラノプロフェン」「クロモグリク酸ナトリウム」などが含まれています。これらの成分の内服薬を使った動物実験で分娩遅延が認められたため、目薬は外用薬ですが、市販のものは念のため相談するようにや使用の禁止などが書かれているようです。

使用しない方が良い目薬を妊娠中に使用してしまったら?

A.まずはかかりつけの産婦人科に相談しましょう。

内服薬ではなく、外用薬ですし、目薬は極少量しか使用しないものなので、そこまで気にすることがありませんが、念のため妊婦健診の時に相談しておくとよいでしょう。

どうして医師によって判断が違うのか?

A.産婦人科と眼科医(アレルギー科)では専門が違うため

アレルギー性のかゆみなどを抑える薬を処方してもらう際に、産婦人科ではもらえたけど、眼科やアレルギー科ではもらえなかったり、その反対もあったり、アレルギー性の目薬使用については医師によって様々な判断があり、処方をするかしないかも分かれるようです。
妊娠中のアレルギー性のかゆみなどを抑える目薬を使用したせいで妊娠になにか問題が出ているわけではありませんが、内服薬の動物実験で遅延分娩が認められていることもあり、医師も慎重にならざるをえない状態です。

妊娠前に処方された目薬はどうする?

A.再度処方するか、成分を確かめましょう。

妊娠前に処方された目薬に「トラニラスト」「プラノプロフェン」「クロモグリク酸ナトリウム」などの成分が入っていないか確かめたり、使用する前に医師に相談をした方が良いと思います。

市販の目薬で使用を控えた方がよいものは?

花粉症などアレルギー性の目のかゆみ、不快感などを抑える目薬の一例です。

  • サンテアルフリー新目薬
  • ロート アルガード プレテクト
  • ロート アルガード クリアブロックEX
  • ロート アルガード クリアマイルドEX
  • ロートクリア
  • マイティアアルピタットN EXα
  • マイティアアルピタットEXα
  • マイティアアルピタットN
  • マイティアアイテクトアルピタット
  • マイティアアイテクト
  • マリンアイALG
  • アイリスガードP
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ