インフルエンザとワクチン

インフルエンザは胎児に直接影響することはないと考えられている

母体が重症化する事はあるが、胎児に直接影響することはないと考えられている。

タミフル、リレンザは大丈夫?

抗インフル エンザ薬(タミフル、リレンザ等)も赤ちゃんへの催奇形性に影響はないと考えられている。

ワクチンなどでの予防も大切

胎児に影響はないと言っても母体が重症化してしまうケースもある。こまめに地域などでの流行の情報を入手し、日常生活で実行できる予防法をこころがけて必要ならワクチン接種なども視野に入れたい。

  • 人混みを避ける
  • 外出時にはマスクを着用する
  • 栄養をしっかりとる
  • 休養・睡眠をしっかりと
  • 室内では加湿
  • 部屋の換気
  • 手洗いうがいを習慣化する

以下、厚生労働省HP「妊娠されている方へ〜新型インフルエンザワクチンの接種にあたって」からの抜粋。

海外の事例では、妊娠されている方が新型インフルエンザにり患した場合に、重症化するリス
クが高いという報告があり、WHO(世界保健機関)でも妊娠している方をワクチン接種の優先対
象としていることなどから、日本でも妊娠されている方々を優先接種の対象としていますが、日
本ではそのような重症化の事例は現在報告されていません。(平成21年11月11日現在)

  • 妊娠初期にインフルエンザワクチンの接種を受けたことにより流産や先天異常の発生リスクが高くなったという報告は現在のところありません。
  • 予防接種における有益性と危険性を、ご自身の基礎疾患や出産予定日等を踏まえて主治医と相談した上で、接種の適否とその時期を決定するようにしてください。
  • また、新型インフルエンザワクチンは母乳を介してお子様に影響を与えることはないとされています。

どこでワクチンを摂取するの?

  • 新型インフルエンザワクチンは、国と委託契約をした、“受託医療機関”のみ
    配分されます。
  • 受託医療機関は市町村により、広報誌やホームページなどを用いて広報さ
    れます。
  • かかりつけ医の産科・産婦人科が受託医療機関でない場合は、市町村の提
    示するリストから、受託医療機関を探して予約してください。
  • 接種に当たっては、母子健康手帳を提示する必要があります。

相手にも心遣いを

  • 咳やくしゃみが出る時はマスクを着用
  • マスクを着用していない場合の咳やくしゃみは口と鼻をおさえて1M以上離れる
  • 使用したティッシュはすぐにゴミ箱へ

家族がインフルエンザになったら?

  • できるだけ患者とは別の部屋ですごす
  • 看護した後は手洗いうがいを忘れずに
  • 家族全員でマスクを着用する
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ