妊娠中の運動

一昔前までは妊婦は安静が第一とされてきましたが、最近では妊娠中でもスポーツや運動を行う事が、一般的になってきました。

妊娠中に運動やスポーツを行う事は、運動不足の解消やストレス解消のだけではなく、妊娠中には辛い、肩こりや、浮腫(むくみ)、腰痛なども血液の循環が良くなるため軽減する事ができます。またストレスが軽減する事によって出産への自信がつき、分娩時間の短縮、分娩時の体力維持、産褥気・産後の体力回復などの効果も期待できます。

ただし、激しい運動や勝敗を争うようなストレスのかかるスポーツは胎児の発育に悪影響があるといけないので控えましょう。

妊娠初期の運動

妊娠初期はまだ胎盤が完成しておらず、赤ちゃんが不安定な状態で、流産しやすい時期です。今までの運動経験によっても個人差がありますが、この時期に運動を始めるのは避けましょう。運動の習慣がある人でも、走ったりジャンプしたりといった激しい動きは控えてください。

運動を始めるのに最適なのは、安定期に入る妊娠中期。苦しいつわりもこの頃には治まり、心身ともに落ち着いてきます。ただし、食欲も旺盛になる事もありますので、ここでじっとしているとあっという間に体重が増える事もあります。

太りすぎると妊娠中毒症(妊娠高血圧症症候群)になりやすいだけでなく、産道に脂肪がつき難産の原因になったり、 妊娠線が出やすくなったり、産後の体重が戻りにくかったりといいことがありません。
適度な運動をして体重をコントロールすることが大切です。

流産や早産の危険がある場合や感染症、妊娠高血圧症症候群、心臓病などの合併症で安静を必要とする場合は、運動はやめましょう。
異常がない方も自分の判断だけで運動を始めてはいけません。
運動を始める前には、必ず医師に相談してください。

主なマタニティスポーツ

マタニティスイミング

水中の中での運動は腰や膝などにかかる負担が軽い事から妊娠中には適したスポーツだと考えられており、分娩経過でも好結果をもたらす事も多いようです。1m程度の水深のプールで行う事が多く溺れる心配もないので安心です。しかし、自己流は禁物です、必ず専門家の指導の下で行いましょう。
マタニティスイミングネットワーク
http://妊娠中の症状・兆候 ママちゃんねるpage3.nifty.com/ys_hp/mswim.html
全国マタニティスイミング実施クラブリストやマタニティスイミングの詳しい情報があります。

マタニティビクス

エアロビクスを応用した運動です。出産時に必要な筋肉を鍛え、関節をやわらかくする事が目的。心拍数を一定レベルで持続させるので、心配機能を高め脂肪を燃やす効果もあります。音楽に合わせて体を動かす事によりストレス解消の効果も期待できる。
一般社団法人 日本マタニティフィットネス協会
http://www.j-m-f-a.jp
マタニティビクスの施設検索など

ウォーキング

正しい姿勢で歩くことで、腹筋や背筋が鍛えられます。また腰痛やむくみを軽減する効果が期待できます。1回20~30分程度を目安に苦にならないよう楽しく行う事ようにして下さい。他のスポーツと同様必ず医師に相談して運動を開始して下さい。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ