つわりとは

つわりを英語で言うとモーニングシックネスといいます。朝起きたときの空腹時に症状が出やすいためでしょう。ただ仕事をしていると朝よりも仕事が終わり帰宅した後に症状が出る傾向があります。これは、1日仕事をしていた緊張感が抜け、家に着いた安心感があるせいみたいです。

いつからいつまでという決まりはありませんが、大抵の場合、妊娠4~6週から15週くらいまで続きます。つわりは、妊婦さんの場合軽い重いはあるにしろ、5割~8割の方に見られる症状です。早い人であれば、つわりで自分の妊娠に気づくという人もいます。

安定期に入る頃にはつわりはおさまっていくのですが、人によっては出産直前までずっとつわりが続く人もいて、とても個人差があります。つわりの症状としては、食欲がなくなる、胸がむかつく、食べ物の臭いに敏感になる、 吐き気がする、げっぷが出る、食べ物の好き嫌いの変化、めまい、倦怠感、違和感、頭痛、発熱、不眠、イライラ、 唾液の分泌が多くなる(よだれを流す場合も)、など…人それぞれに個人差があります。

重症になると、食事を全く受け付けなくなったり、寝込んだまま動けなくなったり、嘔吐、胆汁や血を吐くこともあります。なかには、つわりが全くない人もいますので、つわりがなくても心配いりません。

水分をまったく受け付けない。
1日に5回以上吐く
尿にケトン体がでる。
体重が5キロ以上減る(体重の10%以上)
などは 妊娠悪阻の可能性が大でしょう。

ただこれらの症状がなくても自分で耐え切れないくらいだと思ったら病院に行きましょう。生理的な範囲を超え病院での治療が必要なときを 妊娠悪阻と言いいます。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ