タグ「 ジカ熱 」の記事

17 件

松山英樹
男子ゴルフの松山英樹が3日、8月のリオデジャネイロ五輪出場をジカ熱流行などを懸念し辞退することを表明。
小頭症
アメリカのフロリダ州で28日、頭部や脳の先天性障害「小頭症」にかかった新生児の同州初となる誕生例が報告。当局によると母親はハイチ市民で、妊娠中にジカウイルスに感染、出産のためフロリダ州に渡り、出産したところ小頭症だったという。
ジェイソン・デイ
男子ゴルフの世界ランキング1位のジェイソン・デイ(オーストラリア)が8月の「リオデジャネイロ五輪」の出場を辞退することを発表。またしてもジカ熱への懸念からの出場辞退者が。
ハレプ
女子テニスの世界ランク5位ルーマニアの【シモナ・ハレプ】(24)は、ジカ熱への懸念から、リオデジャネイロ五輪への参加を取りやめる可能性について検討中だという。
マクダウエル
妻が妊娠中で子どもの身体に関わる可能性が出てくるのであれば、オリンピックを辞退する選手がいるのも納得してしまう。男子ゴルフの元全米オープン王者、グレーム・マクダウエルは妻が妊娠しているため、リオデジャネイロ五輪を欠場すると明かした。
田中貴金属
リオ五輪を目前、政府やオリンピック組織委員会の対策が注目される「ジカ熱」。その原因となるウイルスを検出する試薬の開発に、金地金やジュエリー、純金積み立てなどで有名な【田中貴金属】が世界初成功しました。
リオ
リオデジャネイロ五輪の開幕まで50日。開催地のブラジルで深刻な問題となっているジカ熱への対策に、事前に精子を凍結保存する選手・関係者まで出てきて、さらにジカ熱問題がヒートアップしている
世界保健機関(WHO)は17日、ジカ熱の感染国が60カ国以上に増加したことから、2月時点の対策計画の必要額は23カ国向けの5600万ドルだったが、費用が大幅に膨らみ、1億2200万ドル(約130億円)が必要になると発表。
中央大学法科大学院・野村修也教授が解説する【会議のミカタ】、17日のテーマは、「蚊に注意!夏のジカ熱対策」でした。
リオオリンピック開催まで、2ヶ月をきり、やはり気になるのが、小頭症の原因にもなるとされている、ジカ熱の話題。妊娠中、あるいいは、妊娠を考えている女性にとっては、本当に気になる話題です。
南米で流行中のジカウイルス感染症(ジカ熱)に関して、世界保健機関(WHO)は9日、ブラジルなどのジカ熱流行地域から戻った女性や夫婦らに対して、妊娠を試みることを少なくとも8週間は避けるように勧告。
2016年8月5日~8月21日(17日間)開催される、ブラジル・リオデジャネイロで行われる第31回オリンピック競技大会に、開催地とされるブラジルで、小頭症の原因になるジカ熱が流行しているため、妊娠中の女性はブラジル・リオデジャネイロへの渡航を控えるようにWHOが勧告した。  
リオ
リオデジャネイロ五輪組織委員会の医事責任者、ジョアン・グランジェイロ氏は7日、リオ市内で記者会見し、ブラジルなど中南米で感染が広がるジカ熱について「五輪を延期したり取りやめたりする理由にはならない」と述べた。
米CDC(疾病対策センター)は4月13日、感染症の「ジカ熱」のウイルスは、小頭症や脳の障害の原因だと結論づけたと発表。ジカ熱に感染した全ての妊婦から、小頭症の子どもが生まれるわけではないとしているが、引き続き注意を呼びかけている。
小頭症の検査と診断方法は、赤ちゃんの出生前と出生後で異なります。 赤ちゃんが生まれる前 超音波 高周波 コンピューターを使用した画像診断 などで、診断されることがありますが、妊娠後期まで診断できないこともある。 赤ちゃんが生まれた後 頭囲 X線 CTスキャン 磁気共鳴イメージング(MRI) 血液検査 尿検査 などで、診断テストを行い、症状の確定をします。
PAGE TOP