タグ「 お産 」の記事

8 件

出産の痛み お産の痛みにはいろいろありますが、いちばん大きなものといえば、 やはり陣痛の痛みです。陣痛というのは、子宮の収縮にともなうものですが、 収縮しているときは子宮の筋肉が縮んでいて、それを痛みとして感じているのです。 ほかには、赤ちゃんが産道を下がっていくときに、周囲の筋肉や骨、臓器などを圧迫する痛みがあります。 また、子宮口や膣が開かれていく痛み、会陰の皮膚が薄く伸ばされる痛みなどもあり …
話し合い
産院ごとに違いはあると思いますが、立会い出産・無痛分娩・ 和痛分娩・フリースタイル分娩…最近では様々なお産スタイルがあります。自分自身、そしてパパや家族とよく話し合って、納得する出産方法を選択しましょう。
妊娠中お産・出産のサイン いつかは、出産という大イベントがやってきます。その為にもある程度、お産や出産のサインを覚えておきましょう。お産のサインは人それぞれです。サインが一つだけの人もいれば複数のサインが同時に起こることもあります。いざという時にあわてないように、しっかり覚えておきましょう。 また予定日が近い方は十分な睡眠をとって体力を温存し、身体を清潔に保つよう心がけていつでも出産に挑める様に準 …
お産に役立つマッサージ いよいよお産が近くなり初めて出産に望む方は、まだ経験したことのないお産にたいして「痛みが怖い」とか「無事に生まれるかどうか」など不安に思う方も少なくないと思います。そういう気持ちを持つのは自然な事なので無理に克服しようとするのではなく、痛みの意味やお産に必要な知識を得たり、リラックス法・呼吸法など 今準備していることに対して自信を持ちましょう。ほんの一部ですがお産に役立つマ …
お産までの流れ 産院へ到着したら、一般的には陣痛室か入院室に入ります。 お産の進行具合によっては分娩室に入る時もあります。その後、母体の健康診査で体温や血圧を測り、尿検査で母体や胎児に以上がないかを調べます。問診で陣痛開始時間や食事の有無、ママの様子から心理状態なども確認されます。 この時にバースプランの確認がある場合もあるのでしっかり決めておきましょう。分娩室に入るまでは、ママのお腹に分娩監視装 …
いきみとは いきみとは、陣痛が強まって子宮口が7cmくらいまで開き、身体に自然と力が入ることを言います。 原理は排便をもよおしたときと同じような感じと考えてみて下さい。ですが、子宮口が全開大にならないうちに無理にいきんでしまうとうっ血したり、またはお腹の赤ちゃんが苦しくなる場合があります。 いきみを感じたら、まずは助産師さんなどに伝えていきみを上手に逃がす工夫が必要です。しかし、子宮口が全開大にな …
フリースタイル分娩とは フリースタイル分娩とは、形にこだわらず自由に赤ちゃんを迎える出産方法のことを言います。日本では、現在も仰向けの姿勢での分娩が一般的ですが、この姿勢がお母さんにとって一番楽であるとは限りません。 お母さんが一番楽だと感じるスタイルでお産をする、 それがフリースタイル分娩のメリットです。横向きに寝る・座る・四つん這い・立ってのお産など、自分の好きなスタイルを選択し、医療スタッフ …
バースプランとは バースプランとは、その名の通り、お産・出産のプランのことを言います。自分がどういったお産をしたいのか、したくないのか、具体的に書き出して、スタッフに提出します。 自分なりによく考えて、プランを明確にしておきましょう。お産は、本来、たいへん自然な営みであるはず。でも、医療施設でのお産が当たり前になって、しかも、お産本番においては、どの医師や助産婦が立ち会うのかもわからないなどという …
PAGE TOP