妊娠中のたばこ・喫煙

タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させる作用があります。妊娠中にタバコを吸う事で、臍帯の血流量が減って、 胎児に運ばれてくる栄養素や酸素が少なくなります。喫煙するときに発生する一酸化炭素は血液中のヘモグロビンと結合します。本来酸素を運ぶ為のヘモグロビンが不足してまたまた酸素不足に…。

母体、胎児ともに低酸素状態になることもある様です。それでもどうしても我慢できない人もいると思いますが、リスクを確認した上で喫煙するか 禁煙するかを判断して下さい。しかし急な禁煙は、妊婦にとって過度なストレスになる事もあるので、産婦人科などでも、タバコを止めさせるよりも、タバコを減らす→できれば禁煙といった方向で指導をする事が一般的です。

世間では煙草を吸うと母親失格などの厳しい意見もありますが、煙草を喫煙するだけで母親失格にはなる事はありません。ストレスが赤ちゃんや母体に与える影響も小さい物では決してありません。禁煙する自分への精神的な負担や赤ちゃんへの影響をきちんと考え、禁煙するか、減煙するのかを決めて、減煙するのであれば決められた本数をきちんと守るようにする事が大切です。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ