妊婦の約1割程度が発症すると言われる妊娠高血圧症候群。

妊娠高血圧症候群とは

妊娠高血圧症症候群(妊娠中毒症)とは、妊娠8ヶ月以降に見られる尿蛋白・高血圧・のうち、 1つ以上の症状が見られる症状のことです。症状がひどくなると、妊娠中の痙攣(子癇(しかん))を来たし、お母さん・赤ちゃんとも生命の危機的状況になります。

約1割程度の妊婦さんに発症します。原因は子宮動脈が収縮し、それによる高圧物質が母体に分泌されるため生じると考えられています。妊娠中に塩分を摂取しすぎたり、食事を食べ過ぎたりして体重が多くなりすぎると、妊娠高血圧症候群が発症しやすくなります。

糖尿病、高血圧、太り過ぎ、激しい運動、睡眠不足・高年初産や若年初産、多胎妊娠の人なども妊娠高血圧症症候群(妊娠中毒症)に なりやすい傾向にあるようです。

重度の場合、分娩時に母子ともに危険を伴う場合があり、 帝王切開になることがあります。予防としては、安静にすることと、塩分や油分を控える食事が効果的。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ