水中出産とは

水中出産とは、水温は母体と同じぐらいの30~40度、塩分濃度も羊水と同じというお湯の中で出産することを言います。

入浴効果を利用して陣痛を和らげ、自然なお産をするスタイルです。お湯は腰の辺りまでで、母体だけでなく、夫など付き添いの人も一緒に入ることができます。水中でリラックスすることで陣痛が和らぐなどのメリットがあります。

水中という以外は自然分娩に近い出産のスタイルです。卵巣に病気があったり、骨盤が狭い場合は水中分娩ができない場合もあります。破水後には水中の殺菌が子宮内に入るという可能性があり、胎児への感染が問題視されています。また窒息事故も全くないとは限りません。慎重に考えてみて下さい。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ