新生児とは

新生児とは、生まれて間もない赤ちゃんのことを言います。体重は3000g前後、身長は50cm前後が平均的です。出産は、人が一生を過ごす中で、最も大きな環境変化と言われています。

お腹の中では37度前後の羊水で守られていますが、外界の気温は一定ではありません。新生児は体内の温度調節がうまくないため、温度や湿度の調整など、しばらく保護が必要になります。また脳もまだ未成熟なため、原始反射と呼ばれる独特の反射的な動きをみせるのも特徴です。

大きな物音などがすると、びっくりしたように両手で胸を抱きかかえるモロー反射もその代表的なものです。聴覚はお腹の中にいるときから発達していて、生後5日目ぐらいから母親の声に反応します。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ