シムスの体位とは

シムスの体位とは、体の左側を下にして横向きに寝る体勢のこと言います。妊娠中~後期になるとお腹が大きくなり、妊娠前と同じ姿勢(仰向け)で眠ると、息苦しくなったり、眠りが浅くなることがあります。

ひどいときには羊水や胎児の重みで血管が圧迫され、めまいやショック症状を起こしてしまうことや、低血圧になることもあります。これは仰臥位(ぎょうがい)低血圧症候群といって、大きくなった子宮が下大静脈を圧迫して、心臓に戻る血液の流れが滞るためです。

そんな妊婦さんのために考案されたのがこの姿勢です。少しうつぶせぎみの横向きに寝て、下側の腕は自然に背中側に、上になった腕は軽く曲げて胸側に沿わせるようにします。上の脚はひざを少し曲げておなか側に倒し、ひざから下が床につくような感じにし、お腹や膝にクッションをあててもOK。夜寝るときから陣痛の合間まで、リラックスしたいときなどに、試してみて下さい。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ