子宮底(子宮底長)とは

子宮底とは、子宮の一番上の端のことを言い、恥骨のまん中ぐらいのところから子宮底までの長さを子宮底長といいます。

12週から計れるようになり、定期検診の際、赤ちゃんが順調に育っているかどうかの目安として測定します。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ