子宮奇形とは

子宮の形の先天的な異常を子宮奇形といいます。

子宮は胎児期の早い時期にミューラー管と呼ばれる子宮のもとになる器官が左右から癒合してできあがりますが、 これが途中の段階で止まってしまうのが原因です。

女性の5%にみられけっして稀な状態ということではありません。子宮に形態的な異常があることが、習慣流産や不妊、早産、難産の原因になることがあります。

しかし、特別な問題を引き起こさないことのほうが多く、子宮の形に異常があるからすぐに何らかの処置が必要ということではありません。担当医とよく相談してみてください。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ