妊娠中の飲酒や、カフェインが入った飲料、炭酸飲料はなぜ取らないほうが良いのでしょうか。

妊娠中の飲酒・アルコール

アルコールをママが摂取すると血液から胎児につたわります。
胎児はアルコールを代謝する機能が未発達なので母体よりもうける影響が大きいのが問題です。胎児アルコール症候群などの深刻な障害につながる危険性があります。

ネット上のサイトなどでこれぐらいなら大丈夫など目安を紹介している事もありますが、 どのくらいなら飲んでも大丈夫という根拠は個人差が大きいので今の所ありません。しかし、たまに寝付けない夜に一杯程度の寝酒は大丈夫だろうというのが一般的です。しかし飲まないにこした事はありません。アルコールは母体を通って母乳に以降する事もわかっています。母乳保育を考えている人はアルコールは飲まない様にしたほうがいいですね。

妊娠中のカフェインの摂取

カフェインは鉄分の吸収を阻害してしまいます。妊娠中は鉄分が不足気味になりますので食事の後などは気をつけてカフェインの摂取をおさえるように気をつけましょう。

主なカフェインを含む飲み物

コーヒー・緑茶・紅茶・栄養ドリンクなど

また、炭酸飲料はお腹の中のガス発生の原因になります。お腹の中にガスがたまると張りの原因になったり、痛みの原因になったりするのでお腹が張りやすい方は特に飲みすぎに注意しましょう。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ