逆子とは

通常、胎児は頭を下にした状態(頭位)で母親のお腹の中にいますが、さかごは、頭が上で足やおしりが下にある状態でいます。(この状態は骨盤位とも言います)妊娠21~27週ごろは、約30%がさかごですが、30週になると、胎児が成長して後頭部が重くなり、自然に回転して頭が下になるので、さかごは20%にまで減ります。

もっと意識的にさかごを直そうとすると、3~5%にまで減ります。骨盤が狭いと、胎児の頭が骨盤の中におさまりきらないので、さかごになります。子宮の下のスペースが小さくなったり、子宮筋腫や子宮の奇形、胎盤が低い位置にあったり、 骨盤や腸に腫瘍があったりしても、さかごになりやすくなります。

たいていは経膣分娩できますが、子宮口を開くための頭が後から出てくるために、微弱陣痛になりやすく、 この場合、赤ちゃんが骨折したり、臍帯が頭と産道にはさまったりする危険もあるので直した方が良いでしょう。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ