卵膜とは

卵膜とは、胎児の生活環境をつくっている羊水が子宮から、漏れ出さないようにこれを包み保護している膜のことを言います。

これは一枚の膜ではなく、子宮内膜の変化したものである「脱落膜」、「絨毛膜」、「羊膜」の3層から構成されています。

一番内側の膜が「羊膜」と呼ばれ、内部に羊水や赤ちゃん、へその緒などを含みます。また羊膜腔を外界から遮断して無菌状態に保つ働きもしています。

卵膜が破れて破水してしまったら、外の世界と子宮の中が繋がってしまって、ばい菌が入ってしまう状態になり、赤ちゃんの命が危険にさらされます。だから、破水すると、清潔なパッドをあて、すぐに病院に向かう必要性があります。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ