おしるしとは

おしるしとは、出産時に子宮口が少しずつ開き始めるときに出る 血液の混じったおりもののことを言います。赤ちゃんを包んでる卵膜が子宮内壁からはがれて出血したもので、 色はピンクだったり茶褐色だったり、赤黒い色だったりさまざまです。

量も人それぞれでわずかに下着に付くくらいから、ドロっと重い生理日くらい出る人もいます。おしるしがあったからと言って、すぐに病院に連絡する必要はありません。まずは落ち着いてナプキンを当てて様子をみましょう。この後すぐに陣痛が始まる人、数日たってから陣痛が来る人とさまざまです。

何回も出血を繰り返したり、大量の出血があったときは病院に連絡しましょう。陣痛や破水と違って、おしるしは誰にでも必ずあるものではありません。半数程度の人はおしるしに気づかなかったり、なかったと感じています。大量の出血がある場合はおしるしではなく、前置胎盤や常位胎盤早期剥離の恐れがあります。すぐに医師に相談、連絡をして下さい。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ