産院ごとに違いはあると思いますが、立会い出産・無痛分娩・ 和痛分娩・フリースタイル分娩…最近では様々なお産スタイルがあります。自分自身、そしてパパや家族とよく話し合って、納得する出産方法を選択しましょう。

立会い出産とは

パパや信頼のおける人とともにお産を乗りきることです。パパ以外の人も立ち会えるか、分娩室まで立ち会えるのかなど、 こまかくは産院によっても異なります。パパの場合はなかなか育ちにくいといわれる父性を養う絶好の場面です。

出産までの時間を一緒に過ごすことで、ママの精神的な支えになり、 また一緒に誕生の瞬間を迎えることで2人で乗りきったという意識が生まれ、 育児にスムーズにつながりやすいといわれます。

無痛分娩とは?

麻酔を使い陣痛の痛みを軽減させるので、産後のママの体力回復が早めです。お仕事に早期復帰したい方がよく希望されるにたいです。 主に痛みだけをとる麻酔なので自分でいきんだ感覚があり、産声も聞けます。麻酔の赤ちゃんへの影響はほとんどありません。麻酔剤は血圧を下げるため、妊娠高血圧症候群や高血圧の人に有効です。

フリースタイル・アクティブバース分娩とは?

ママ自身が一番楽でリラックス出来る体勢で出産に望みます。
手足をついた四つんばい、布団の上で横向き、支えてもらって立ったまま、などポーズを自由にとることができます。 陣痛などのストレスを軽減させると言われています。

自然分娩とは?

自然な陣痛が来るのを待って、ママと赤ちゃんの力で行なう経膣分娩のことを言います。 分娩監視装置(胎児の心拍と陣痛の状態をモニタリングする装置)や血管確保のための点滴はつけますが、基本的には必要以上の医療行為を行いません。分娩台の上での仰向けの姿勢には抵抗感のある人もいますが、医療側がお産の進み具合を確認しやすいというメリットがあります。上体を起こした姿勢で出産できる座位分娩台がある産院もあります。

誘発分娩

病院スタッフが万全な平日の昼間に出産したほうが安全”との考えから、あらかじめ分娩日を設定する場合(計画出産)と、母体と赤ちゃんの状態から出産を早めた方がいいと医師が判断する場合があります。陣痛促進剤を内服または点滴することで、陣痛を誘発します。また、道具を使って子宮口を開き、陣痛を起こす方法もあります。 陣痛がきはじめた後は、自然分娩と変わりはありません。子宮頚管が開きやすくなっていることを条件に、観察のもと慎重に行われます。

LDRルーム出産とは?

陣痛、出産、産後を通して同じ部屋で行える出産方法。 病院によってはフリースタイル分娩などと組み合わせる事が可能です。

水中出産

羊水と同じ温度で同じ濃度の塩を溶かした水中で出産します。 温水の効果で、陣痛の痛みや緊張がほぐれ、リラックスでき、スムーズなお産ができると言われています。 最近の感染の心配もあります。

どれもメリットばかりではないと思いますが、満足出産を目指すためにパパや周りの人と 理想の出産について考えお産スタイルを決めてみてください。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ