おりものとは

おりものとは、子宮の出口(子宮頸管部)や腟から分泌される粘液のことを言います。口の中が唾液でうるおっているように、腟や頸管部が乾燥しないように 潤滑油としての役割を果たしています。

また、体内へのバイ菌の侵入を防ぐ役割もあります。腟内には、もともとデーデルライン菌(乳酸菌の一種)などの常在菌がいて、腟内をきれいに保っています。この自浄作用は、体を守るための生理的なシステムのひとつ。女性の体では、排卵が起こり、月経が始まる年齢になると、エストロゲンなどの女性ホルモンが分泌されるようになります。

それによって乳酸菌がふえ、腟の中が酸性に保たれることで、雑菌やカビなどが増殖するのを防いでいるのです。妊娠すると、女性ホルモンである黄体ホルモンの分泌が続き、エストロゲンの作用と相まってホルモンの作用はより一層強まります。そのため、おりものの量がふえる妊婦さんが多いようです。

ただ、黄体ホルモンが長期間分泌されることで、腟内の酸性度が変化し、バイ菌が侵入・繁殖しやすくなることがあります。また、喫煙やストレスが同様に腟内の酸性度を弱めるという説もあり、おりものの状態は、さまざまなことから影響を受けやすいといえます。

体調の変化や感染症などのトラブルサインが、おりものにあらわれることもありますので正常なおりものと、心配なおりものの違いを知っておき、「いつもと違う」と思うことがあったら、早めに医師に相談、受診しましょう。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ