妊娠初期症状として、多くの妊婦さんが体験し、不安になる症状がやはりお腹の張りや腰の張りです。赤ちゃんがいるお腹周りの変化はママにとっては不安の元。原因をしっかり知ることが大切ですね。

妊娠初期症状・お腹・腰の張り

妊娠初期の腹痛や下腹部痛、おなかの張りなどの症状は、 まだ胎動も感じられず、不安になってしまいますね。まずはなぜお腹が張ったり、痛くなったりするかを説明します。

妊娠初期の痛み

妊娠初期は、子宮が少しづつ大きくなり周辺の臓器が圧迫され、お腹に張りや痛みを感じる事があります。

妊娠中期の痛み

中期になると子宮が急激に大きくなるので、筋肉やじん帯に刺激をうけ、つるような違和感があったり、痛みを感じたりします。

妊娠後期や末期の痛み

一時的にお腹が張ったり、硬くなったりする事があります。

妊婦さんの中には、必要以上に神経質になって、痛みに敏感になりすぎてしまう人もいるみたいですが、上記のような痛みは特に心配する事はありません。痛みが長く続いたり、強かったりす場合は安静にして、場合によっては医師に相談しましょう。

妊娠初期の腹痛は、流産や子宮外妊娠の前兆でもあり、妊娠中期以降は常位早期胎盤剥離の可能性もあります。
特徴を掲載しておきますので、心配な方は目を通しておいて下さい。

流産による腹痛

下腹部に陣痛のような痛みを繰り返し感じます。緊張感や腰痛を伴う事もあります。最初は少量で不規則な出血があり次第に出血量が増えます。また発熱を伴う事もあります。

子宮外妊娠による腹痛

下腹部の左右どちらかに強い痛みを感じます。肛門部に強い痛みや圧迫感を感じる事もあります。少量で不規則な出血があります。

常位早期胎盤剥離

急に下腹部に痛みを感じ、痛みが持続します。性器からの出血が断続的に続き、次第に量が増えていきます。

便秘からくる妊娠中の腹痛

胃の不調からくる下痢・便秘は子宮収縮につながりますので、お腹が張りやすくなります。 妊娠初期の腹痛と言っても、明らかに数日間も便通がないときは、便秘による腹痛も考えられます。妊娠中には多くの人に見られる症状です。

この場合は、食物繊維の多い緑黄色野菜などをとり、規則的に食事をしましょう。また水分を十分に摂る事も大切です、水分をこまめに摂取する事で便が硬くなるのを防ぎ、腸の動きが活発になります。一度に多量に水分を摂取すると肝臓に負担をかけてしまうのでなるべくこまめな水分補給を心がけて下さい。

便秘は食生活で治りますが、やむをえず薬を使用するときは、市販の便秘薬は使わず、 必ず医師の処方した薬を飲むようにしましょう。また、排尿や排便はがまんしないで、こまめにトイレタイムをとるようにしましょう。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ