ここではオギノ式による排卵日や妊娠しやすい日の計算ができます。しかしこのオギノ式自動計算はあくまで排卵日を予測するひとつの計算方法に すぎません。 また、次回の生理予定日がずれる可能性も考えられ、特に生理周期が不順な方の場合などでは、オギノ式計算法は不確かな計算方法となります。基礎体温法などを組み合わせるとより効果的です。

排卵日・妊娠しやすい日の計算(オギノ式)

・排卵日・妊娠しやすい日の自動計算方法

おおよその生理周期(月経周期)を選び前回の生理開始日を選んだら、「計算する」をクリックして下さい。

おおよその生理周期


前回の生理開始日





妊娠しやすい日

と予想されます。
推定排卵日

です。

オギノ式排卵日計算方法とは?

 「オギノ式」とは、1942年に産婦人科医の荻野久作によって発表された、 妊娠しやすい日と妊娠しにくい日を、次回の生理予定日から逆算して割り出す計算方法です。

 排卵が起こる時期(排卵日)に精子の生存日数の約3日間を加えて計算することで、受胎する可能性の高い日や低い日を割り出すことができるという学説なのです。

 「オギノ式」では排卵期は、生理期間の長い短いに関わらず、次の生理予定日からさかのぼって、14日目とその前後2日間を含んだ5日の間におこるのでは、という考え方をしています。

 つまり次回生理予定日の12~16日前の5日間が受胎する可能性が最も高い期間であるということです。排卵期間の前に、精子の生存期間の3日、その後に卵子の生存期間の一日を加えた期間が、赤ちゃんのできやすい可能性のある期間となるのです。

 すなわち、赤ちゃんのできやすい期間とは、次回の生理開始予定日の前日から数えて11日目から19日目の9日間である、と考えられます。このように避妊する方法というよりは、赤ちゃんのできやすい日を割り出す方法なのです。オギノ式は避妊目的ではなく懐妊目的として用いるほうが、本来の趣旨にそっておりより効果的なのかもしれません。

 この「オギノ式」は、あくまで排卵日を予測するひとつの計算方法に すぎません。また、次回の生理予定日がずれる可能性も考えられますし、特に生理周期が不順な方の場合などでは、不確かな計算方法となります。

 避妊目的の方はより確実なコンドームなどでの方法を選んだほうが賢明です。また妊娠したい懐妊目的の方は平行して基礎体温法なども行うとより効果的です。