妊娠中の入院の準備

入院に必要なグッズは、産院によってまったく異なります。ほとんど手ぶらで入院可能なところもあれば、こまごまと用意をしなければいけないところもありますので、早めに産院に確認してみてください。

金銭的に高額になる事もあるので、身に着ける下着・ナイティウェアは入院する際に新しいものを揃えるのではなく、それまで使っていた自分自身に合うものを使うことをお勧めします。産前・産後はより肌が敏感になったりするので、いつも使っていたもので気持ちを落ち着かせて出産に望んでみてください。

出産準備用品リスト・ママ編

ここでは主にママ自身が必要とする出産準備用品を紹介します。
赤ちゃん用は出産準備用品2をご覧下さい。

ショーツ

お腹を冷えから守ります。子宮底を包み込み、伸縮性や吸湿性に優れた物が好ましいです。
必要数:6~8枚

産前・産後ブラジャー

バストは臨月までに平均2カップ1サイズくらい大きくなります。まずは1カップ、1サイズ大きいものから始め、窮屈に感じる時期にはさらに1カップ大きめを選びましょう
必要数:3~4枚

ハーフトップ

ブラジャーほど締めつけず、ソフトなつけ心地。つわりがひどい時、就寝時、リラックスタイムや授乳時におすすめです。
必要数:4~5枚

妊娠帯

着脱が簡単で、適度なサポート感あり。就寝時、リラックスタイムにおすすめ。ショーツの下に着用すると、トイレ時に便利です。
必要数:産前ガードルと合わせて2~3枚

産前ガードル

お腹を支えるサポート力にすぐれたガードルタイプ。ずれにくいから、外出や通勤時におすすめ。マジックテープ式のささえ帯付のものもあります。
必要数:妊娠帯と合わせて2~3枚

腹帯

さらしの腹帯・マジックテープ式など、簡単に巻けるタイプ。体型を問わず、自分の好みの強さに巻くことができ、圧迫感がありません。産後のお腹の引き締めにも役立ちます。
必要数:1~2枚

ブルマ

お腹の赤ちゃんに冷えは禁物。冬場はもちろん、夏も冷房対策として3分丈・5分丈ブルマは重宝します。
必要数:2~3枚

マタニティウェア

無理なくお腹を包み込んでやさしく体にフィットし、着やすく、動きやすいウエアを選んでください。
必要数:3~4枚

マタニティパジャマ

入院中に欠かせないパジャマは、バスト部が開く授乳兼用タイプでゆったりしたものを選んでください。
必要数:2~3枚

産褥 (さんじょく) ショーツ

マジックテープで股部分が楽に開く産褥ショーツは、ナプキンの交換が簡単です。ウエスト部まで防水布が付いているので安心です。 必要数:3~4枚

母乳パッド

おっぱいで服を汚さないように、また乳房や乳首の保護に。洗いかえと使いすての2タイプがあります。
必要数:(洗いかえタイプ)3~4個(使いすてタイプ)2~3箱

リフォーム用サポーター

着け外しが簡単で子宮の回復を助けます。 腹帯タイプは引き締め具合が自分で調節でき、マジックテープで着脱カンタン。就寝時にも着用するとシェイプアップ効果が高まります。
必要数:1~2枚

お産用パッド

個人差はありますが、悪露(おろ)は1週間から10日くらい。悪露の処理に適したお産用のナプキンを使いましょう。
必要数:2~3箱

ウエスト ニッパー

股間を締めつけず、ウエストを中心に引き締めます。好みで締め具合を調節できます。
必要数:1~2枚

リフォーム ガードル

産後の大きめのお腹を包み込むハイウエストで、ショート丈とロング丈の2種類があります。ウエストから下腹、ヒップまで補正し、内臓下垂の予防にも役立ちます。
必要数:2~3枚

あると便利・必要に応じて

スリーマー

冷えやすいマタニティのからだを暖かく包み、汗をしっかり吸い取って皮膚を清潔に保ちます。また妊娠中のデリケートな肌を、衣類による摩擦などの刺激から保護します。 必要数:2~3枚

パンティストッキング・タイツ

お腹の成長に合わせて調節可能なものもあります。3~4足あるとおでかけにも重宝。
必要数:3~4足

お産用シート

ベッドが悪露などで汚れないように、お産用シートを敷いておくと安心です。
必要数:1~2枚

すそよけ(おこし)

出産直後の悪露の汚れ防止に。パイルは夏、ガーゼはシーズンを通して快適な素材です。
必要数:1~2枚

T字帯

産後直後に便利です。ウエスト部分はひもで結び、布を後ろから前へ持ってきてお産用ナプキンを安定させます。
必要数:1~2枚

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ