妊婦検診とは

妊婦検診とは、妊娠中にお腹の中の赤ちゃんが順調に成長しているか、お母さんに問題はないかなどを診察することを言います。妊娠5週目以降になると、お腹の中に赤ちゃんがいる袋が発見でき、この時に妊娠だと告げられます。5週目以降になってもお腹の中に赤ちゃんが確認できないと子宮外妊娠の可能性も出てきます。

今の時代、妊娠していても病院にかかる費用がもったいないといって妊婦検診にきちんと行かない方が多いようです。妊娠初期での妊婦検診は月に1回程度。初診の時は詳しい検査(尿検査・問診・内診・血圧検査・体重測定・超音波検査など)をやるので、どうしても費用が高くなりますが、毎回全ての検査をする訳ではないですし、妊娠中は何が起こるか分からないので、定期的に検診を受けるようにしましょう。

血圧の検査と体重測定・超音波は基本的に何処の妊婦検診でも毎回行います。妊娠中期頃になるとお腹の中の赤ちゃんの異常を発見できるようになってきます。赤ちゃんの体の機能も完成してきているので中期になると異常があるかないか調査するのです。中期も月に1回程度の妊婦検診でしょう。そして妊娠後期になると妊娠中毒症の検査や子宮口の検査などが検診に加わります。

週に1回の妊婦検診になり、出産も近くなるので子宮口は開いているか、赤ちゃんは下に下がってきているかなども調べます。妊婦検診での費用ですが、1回の検診で検査内容にもよりますが5000円ほどでしょう。また、病院選びにかかせないのは予約制であること、病院が清潔であること、先生方が親切であることが1番大切です。安心した産婦人科を選び、妊婦検診は必ず受けるようにして下さい。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ