無痛分娩とは、麻酔薬や鎮痛剤を使用して痛みを取り除きながら出産する方法のことを言います。既にアメリカやフランスではポピュラーな出産スタイルとして定着しています。

無痛分娩

麻酔の鎮痛効果や筋肉への弛緩作用で、妊婦が感じる痛みが低減して安産が可能になるので、最近では日本でも増えてきた出産方法です。無痛分娩は麻酔を使いながらも、子宮収縮やいきみなども感じますから、全身麻酔の帝王出産のように「気が付いたら生まれていた」といった事もなく、痛みが少ないだけで、ほとんど自然分娩と変わらない出産の感覚が経験できます。

麻酔薬を使う事に対しては、安全面からの疑問視は避けられませんが、妊婦が経験する痛みのダメージを押さえて、更に産後の体力回復がとても良いことからも、無痛分娩のメリットは高いと言えます。

全ての出産に無痛分娩が可能とは限りませんが、分娩をスムーズに行い、医療スタッフの管理の行き届いた出産を希望する方には特にお勧めです。

自然分娩経験者の方も、出産を重ねるにつれて無痛分娩を選択される場合が、多いことからも良い分娩方法であるとされているのでしょう。

特に自分のペースで赤ちゃんを迎えたいと考える方には無痛分娩の最大のメリット「しっかりした意識を保ちながら、痛みが少なく楽である」事が活かされると思います。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ