妊娠中のマタニティウェア・ショーツ・ブラジャー

妊娠初期から中期はお腹は出てくるものの、その他は体型の変化が少ない方も多いはずです。しかし、妊娠中期から後期は、体型変化が著しくなり、二の腕が太くなったり、 胸やお尻が大きくなったりとママの体自体も、出産に向けママになる準備をすすめています。

「多少きつくても…」と一般服などを無理して着続けると、心身ともに大きなストレスを感じてしまうかも…。ただでさえ妊娠中は、腰痛や肌荒れなど妊婦だからこその悩みも少なくありません。妊娠中こそリラックス出来る、なおかつ妊娠中しか出来ないオシャレを楽しんでみてください。

【マタニティウェア】
妊娠したのでマタニティウェアが着たい…目立ちたくないからなるべく普通の服を着ておしゃれをしたい…などと考え方は人それぞれです。必ずしもマタニティウェアにこだわる必要はないですが、マタニティのために作られたマタニティウェアは着心地抜群です。初めての妊娠という方はもちろん、経産婦さんも、いろいろ悩むところだと思いますので、下記を参考にしていただけたら幸いです。

マタニティウェアのお勧めは、ボトムスだけマタニティウェアにチェンジするということです。パンツやスカートはどうしても普通服ではお腹が苦しくなってくるので、ウェストがリブになったマタニティ用が重宝します。トップスは、今流行のチュニックなど、普段着でもお腹の隠れるものがありますので、それで十分だと思います。また、ワンピースは2~3枚あると、着脱も楽なので健診でももたもたせず、便利です。

【マタニティショーツ】
マタニティショーツはお腹の赤ちゃんのいちばん近くにある下着です。だからこそ、日々育ってる赤ちゃんを締め付けないように早めにチェンジした方がいいアイテムだと思うんです。

一般用の大きいサイズでは、マタニティ用とは設計が違うため大きなお腹を包み込めず、窮屈な思いをしたりお腹を冷やす原因にもなります。

【マタニティブラジャー】
妊娠初期から胸が張ったり痛くなったりと、お腹が大きくなるよりもずっと 早い段階でブラジャーがきつくなったと感じる方も少なくないと思います。乳房は妊娠3ヶ月頃から少しずつ大きくなり、妊娠前のブラをそのまま着けていると乳腺の発達を妨げ、出産後乳房が下垂しやすくなります。マタニティブラジャーは産前産後兼用のものがベストです!授乳用にカップがめくれるものがお勧めです。

マタニティショーツもマタニティブラジャーもマタニティ専門店・赤ちゃんグッズ専門店などで、自分自身にも赤ちゃんにも優しいものを選ぶようにしたいですね。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ