妊娠中ママの体の変化

妊娠するとさまざまな身体のが起こる事があります。精神的にナイーブになりやすい妊娠中に「毛深くなったね」「腕が太くなったね」などの、無神経な発言は控えるほうが賢明です。そんな事にならない為にも、どんな変化が起きるのか覚えておきましょう。

ママが毛深くなる

みんながみんな毛深くなるというわけではないですが、妊娠中はホルモンの影響で毛が濃くなる事があります。とくに私はお腹の周りの毛が濃くなり恥ずかしかった経験があります。妊娠中は脱毛や剃毛も肌が敏感になり中々できません。毛というのは元々からだを守るために生えているものなので、赤ちゃんがお腹の中にいることで守ろうという遺伝子が働いて毛が濃くなります。毛が濃くなると嫌がる男性も多いみたいですが、赤ちゃんを守るためなので、少しでも理解してくれると嬉しいですね。

背中や腕に厚みがでる

妊娠して大きくなるのはお腹だけではありません。妊娠初期の変化は少ないですが、妊娠中期以降、お腹の中の赤ちゃんを守るため、腕や背中・お尻にも肉がつき始めむっちりします。からだがふっくらしてくるのは母親になる準備なので、「太ったね」などと軽い気持ちで言わないように気をつけて下さいね。妊娠してからのママの身体は日々変化し、ママ自身ビックリしたり、自分の身体を見るのが嫌になるママもいます。

妊娠中は色々な事を我慢したり、色々な事を考え込んだり、「生まれてくる赤ちゃんの為」と思ってはいても、ストレスを感じたりします。そんな時に、一番の理解者であってほしいパパから、そんなこと言われたら誰だってヘコんでしまいます。すこし太ったなぁ…と感じても「赤ちゃんの為」と思い、グっと言葉を飲み込んでほしいですね。

妊娠線

妊娠7ヶ月を過ぎたころから、お腹の中の赤ちゃんが大きくなっていく事に皮下脂肪が追いつかず、妊娠線という線ができてしまう事があります。妊娠線は8割異常の妊婦さんにでき、お腹まわりはもちろん・妊娠中にサイズアップするバストや、腰まわり・お尻・太ももなどにも出来たりします。妊娠中は赤紫色をしていますが、出産後は白く目立たなくなります。

しかし、一度できると薄くはなりますが消えない事が多く、ママさんにとっては心配事の一つです。悪気のない一言がママさんを傷つけてしまう事もあるので間違えても「その線、気持ち悪い」などと言わないように気をつけましょう。妊娠線については妊娠線 予防ではぴままで詳しく解説しているのでそちらをご覧下さい。

乳輪・胸の変化

妊娠中は胸が大きくなったり授乳にむけて乳頭を強くするためにメラニン色素が増え黒くなったり、大きくなる場合があります。ショックが大きいママも少なくないみたいです。妊娠中はホルモンの変化で情緒不安定になるママも多いので、パパが一番の理解者になる事が大事だと思います。

マタニティーブルー

■妊娠中
妊娠すると、ホルモンの影響で気持ちが不安定なったり神経質になりがちです。妊娠中ママはお腹の赤ちゃんのことを考え色々なことを、我慢しています。赤ちゃんの成長にともない、身体にも大きな変化がおこり、不快な症状も出やすくなります。優しさと思いやり、「頑張ってるんだなぁ」という気持ちを持って、受けとめてあげて下さい。
■産後
出産後の疲れもそこそこにママは、赤ちゃんのことで頭がいっぱい…何もかもうまくいってないように感じたり、ちょっとしたことでイライラしてしまったり、涙がでたり、眠れないなど…なんとなく悲しい気持ちになるママもいます。これは、今までお腹の中で大切に育ててきた赤ちゃんと胎盤が、身体からはなれてホルモンの変化がおこっているからなんです。そういう時、頼りになるのはやっぱりパパです。優しい言葉をかけ、なるべく一緒にいてあげて下さいね

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ