妊娠中の靴選び

妊娠中は、つまづいたりバランスを崩して転んでは大変ということで、 ローヒールの靴をと言われています。これは、お腹が大きくなってからはもちろんですが、まだ安定期ではない 妊娠初期に万が一転んでしまうのは大変危険です。安全のためには妊娠がわかったら、ヒールの低い靴を用意しましょう。妊娠中はもちろんですが、赤ちゃんが生まれてからも抱いて歩いて転んでは大変なので、 産後も安定感のある履きやすい靴をおすすめします。

ハイヒール

ハイヒールはかかとが高くなるため、姿勢が前のめりに傾きます。
姿勢が前のめりになると身体が自然に垂直に姿勢を正そうとして 背骨や腰椎が反る形になり椎間板等に負担がかかり腰痛の原因になることがあります。

妊娠中お腹が大きくなると姿勢が前のめりになることになります。この状態でさらにヒールが高い靴を履くと腰にかかる負担がかかります。腰痛の人に、腰に負担のかからないヒールの高さは3cm以内までと言われています。妊娠出産本などに「ヒールは3cm以内」と書かれているのは、 安定感などの観点からだけではなく、腰への負担からもなのでしょう。

足のむくみの原因になる場合があります

ハイヒールやブーツ、パンプスなどつま先の細い靴などを長時間いていると、足の指が圧迫されたり、足の筋肉が硬くなります。 その結果、足の血流が悪くなって足に水分や老廃物がたまり、足がむくみやすくなる事があります。

妊娠中は大きくなった子宮に血管や足の付け根のリンパなどを圧迫されて、足や下半身がむくみやすくなる傾向にあります。 また妊娠後期(8ヶ月~)に入ると、血管の通りをよくして、赤ちゃんにたくさんの血液を運べるように、血液中の水分が多くなり、むくみやすくなります。 この事から妊娠中の足は非妊娠時よりむくみやすいといえるでしょう。

むくみは妊娠中ではなくても多くの女性の悩みの種です。むくみやすい身体を作らない為にも。靴は慎重に選びたいですね。

足のむくみ原因から解消
http://poipoy.com
妊娠中の足のむくみの解説ページへのリンク
妊娠中にできる解消法・リンパマッサージなど

足のむくみは、以前は妊娠中毒症の傾向として心配されましたが、最近ではお腹の重みで足に 負担がかかることや胎内の水分バランスの調整で生理現象だと考えられるようになってきました。

足のつり(こむらがえり)は、カルシウムとカリウムのバランスが崩れることが原因などと色々言われますが、足のつりにも、足のむくみも、足が疲れないことも大切です。かといって歩かずにいて運動不足なのも、足のつりやむくみの原因にもなりますし、健康や出産に備えての体力維持にもよくありません。歩きやすく疲れにくい靴を選び、立ちっぱなしやきっぱなしを避け、適度に休みながら歩くようにしましょう。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ