流産の確率

流産の原因は染色体異常に限った事ではありませんが、30年ほど前に自然流産児に染色体の異常が発見されて以来、流産に染色体異常が深くかかわっていることがかなりはっきりしています。
一般の妊娠における自然流産の頻度は約10~15%とされていますが、35~39歳では約20%、40歳以上では40%と高齢になるにしたがって数字が高くなり、染色異常の発生率とほぼ同じ数値を示しています。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ