高年・高齢出産の出産年齢の平均は??高年・高齢出産は何歳から?などの説明です。高年・高齢出産の年齢で出産する事が一概に危険とも言えません。高年・高齢出産の出産年齢の年齢はあくまでも分類上定義されているだけなので個人差があります。社会経験を豊富に持った母親は、若くして出産母親に比べて精神的に安定しており、出産や育児も比較的余裕があるというメリットもあります。
高年・高齢出産の出産年齢になったからといってデメリットだけの悪い事だけではないという事ですね。自信を持って出産しましょう。

高年・高齢出産の出産年齢の平均

出産年齢の平均
 近年、出産年齢の平均が高くなっていることが、出生率の低下を招くとして社会問題になっています。 1980年には、26.4歳だった初産の平均年齢ですが、2003年には、28.6歳になり2歳ほど高くなっています。
第1子を生んだ母親の約6割が20代、約3割が30代で、全国的にも高齢での出産比率が上昇傾向にあります。

何歳から高年・高齢出産?

 日本産婦人科学会では、35歳以上の初産婦を「高齢出産(初産)」と定義しています。 以前は30歳以上とされていましたが、平成3年頃から35歳に引き上げられました。その理由として効果的な薬剤が開発され、医療・機器も進歩したこと。
妊産婦に対する保健指導の成果で妊娠高血圧症症候群などの予防が進んだこと。 食生活の向上で妊産婦の栄養状態が改善されたこと。 妊産婦の年齢が全般的に高くなり、医師もその対処法に慣れてきたこと。
などがあげられます。

高年・高齢出産は危険??

 初産での高年・高齢出産の人は精神的にも不安になる傾向にありますが、薬剤・医療・機器の進歩や一昔より食生活も向上し妊婦さんの栄養状態がよい事や、
高年・高齢出産といっても個人差があり、この年齢を過ぎたから危険というわけではありません。何事もなく出産できる事がほとんどです。様々なリスクが高くなるといのはありますが、年齢が若いうちに出産するよりも金銭的、社会的に出産にのぞみやすくなるというメリットもあります。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ