いきみとは

いきみとは、陣痛が強まって子宮口が7cmくらいまで開き、身体に自然と力が入ることを言います。

原理は排便をもよおしたときと同じような感じと考えてみて下さい。ですが、子宮口が全開大にならないうちに無理にいきんでしまうとうっ血したり、またはお腹の赤ちゃんが苦しくなる場合があります。

いきみを感じたら、まずは助産師さんなどに伝えていきみを上手に逃がす工夫が必要です。しかし、子宮口が全開大になって自然にいきみが生じたら、しっかりいきんで赤ちゃんを出していきます。

一般にはこのいきみを逃がすのがお産のときの大変さともいわれ、呼吸に集中したり、 周囲の人にさすってもらったりして、子宮口が全開大になるぎりぎりまで待つようにします。

全開大になる前にいきみたくなることもありますが、子宮口が完全に開いていない状態でいきみ続けると、子宮口が充血したり、切れてしまったり、胎児の頭が圧迫されることもあるので注意が必要です。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ