どういう状態を不妊症というのか、どういう原因で不妊症になるのか、不妊症のことをまとめてみました。

不妊症とは

不妊症とは、夫婦が妊娠を希望して避妊などせずに通常の性生活を行っているにもかかわらず、一定期間たっても妊娠しない状態のことをいいます。この一定期間については色々とありますが、世界保健機関(WHO)では2年とされています。

ただ、現在では、妊娠を希望しているカップルの約80%が、1年以内に妊娠しており、2年もたつと90%以上のカップルが妊娠していると言う状況と、晩婚化傾向や婦人病の増加などを考慮して、この妊娠できない期間は、一年でも良いのではないかという人々も増えています。

日本では10組に1組の割合の夫婦が、不妊の状態にあると言われてきました。また、最近では、少子化問題が話題になっているように、晩婚化や婦人病の増加、環境ホルモンの影響などにより妊娠しづらいという不妊症の割合が高まっているようです。

不妊症の原因は、本当にたくさんあります。まず、女性・男性のどちらかに原因がある場合や、両方に原因がある場合、また夫婦の相性の問題などがあります。ですから、不妊症の検査を受けられるときには、二人そろって受けることをお勧めします。

ただ、検査を受ければ100%原因が分かると言うわけではありません。検査を受けたけれど、それでも原因がわからない場合も若干ですがあります。新しい命を授かる妊娠の神秘には、まだまだ未知の領域が残されているようです。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ