体外受精とはどういったことをするの?と心配な方もいると思います。体外受精についてまとめてみました。

体外受精とは?

卵巣から卵子を取り出し、体外で精子と受精させる方法が体外受精です。

①排卵誘発
前周期の21日目頃(前周期の高温期の中頃)から、採卵の前日まで毎日点鼻薬(GnRH剤)を噴霧し排卵をコントロールできるようにします。 月経の3~6日頃から、卵胞が直径18~20ミリに成熟するまで毎日hMG製剤を注射します。
hMG製剤は、直接卵巣を刺激するので、一度にたくさんの卵胞ができます。 卵胞が直径18~20ミリになったころ、hCG製剤を注射して、排卵を促進し、注射の36時間後に排卵します。

②採卵
hCG注射後34時間を過ぎた頃、成熟した卵胞が破裂する前に卵巣から卵胞を採取します。(採卵) 麻酔をかけ、膣用超音波のプローブの先に採卵針をつけて膣から入れ卵巣に刺し、さらにひとつひとつ卵胞に刺して、中の卵子と卵胞液を吸引します。
採卵後は麻酔が切れるまで安静にして過ごしてください。 一方男性は、マスターベーションによって、精液を採取します。 良好な濃い精液が必要なので、5日間ほど禁欲し精液は洗浄・濃縮され、良好な精子を選別します。

③受精
シャーレの中で数時間培養して、より成熟度が高くなった卵子の上に、良好な精子をふりかけます。(媒精) そして培養器の中で、受精卵ができるのを待ちます。

④培養
18時間後に培養器からシャーレを取り出し、受精しているかどうかを顕微鏡で確認します。 受精していたら、再度培養器に戻し培養を続けます。 受精卵は細胞分裂を続け、2日後には4分割胚、3日目には8分割胚となります。

⑤胚移植
受精卵が4分割胚、または8分割胚になったところで、子宮に戻します。(胚移植) 着床率を上げるために、着床寸前の状態まで分割させてから戻す方法もあります。
多胎妊娠を避けるため、子宮に戻す受精卵の数は1~3個です。 受精卵を細いチューブで吸引しそれを膣から子宮へ入れます。 超音波で確認しながら、子宮内膜の上に受精卵を置く。
受精卵が子宮内膜に着床すれば、妊娠成立です。

⑥妊娠判定
胚移植から14日後に妊娠判定を行います。 尿検査で妊娠反応が出れば妊娠が確定します。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ