病院の選び方

不妊治療を専門に行うクリニックや、産科を併設している産婦人科、大学クリニックや総合病院など、不妊治療を行うクリニックにも様々なタイプがあります。

ご自分に合ったタイプの施設を検討してみて下さい。

・不妊専門の特徴

妊婦がいないので精神的によい(妊娠確認後、産科に移っていきます)。
不妊治療に関する専門技術がある。


・産婦人科の特徴

無事に妊娠に至った場合、そのまま出産もお世話になれる。
産科がある場合、大抵、医師が24時間常駐し、もしものときに安心。
入院設備がある緊急時に安心

・大学クリニック、総合クリニックの特徴

施設が充実、入院設備があるので緊急時に安心。 はじめは検査とカウンセリングにより不妊症の程度を把握するまではどの施設が最適か判断できないケースが多いので、
セカンドオピニオンという意味も含め、2か所ほどの施設で検査とカウンセリングを受けてみて、選択してみるのもいいと思います。
ただしセカンドオピニオンを求める場合、まずは主治医に話して他医への診療情報提供書を作成してもらう必要があります。
またセカンドオピニオンは「診療」ではなく、「相談」になるため、
健康保険給付の対象とはならず、全額自己負担となります。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ