腹帯は絶対にしなくちゃダメ?したらダメって聞いたけど…など、腹帯については賛否両論あるようです。腹帯について知りましょう。

妊娠中の腹帯・マタニティサポート

腹帯(はらおび)は日本固有のもので、平安時代の貴族社会の中で宗教的儀式として定着しました。江戸時代の初期になると、儀式以外に難産防止や腹部の保護・保温のために一般に広がりました。

帝王切開がなかった当時、難産で苦しみながら命を落とす母親も多く、赤ちゃんを小さくすることで、安産になるよう腹帯を出来る限りきつく巻いたようです。江戸時代中期になると、きつく締め付けるのは良くないということになり腹帯は有害という医者もいましたが、腹帯の習慣は現在まで続き、 安産を祈願したり、母親としての自覚を持つという意味で腹帯をする人も多いようです。

医学的根拠はないみたいですが、お腹を支えたり、冷え防止のため腹帯やマタニティサポートを使う方が多いみたいです。しかし、あまりきついものを使用していると、子宮収縮を促し張りやすくなったり、 血行が悪くなり妊娠高血圧症候群になりやすくなるので、自分のサイズに合ったものを着用しましょう。

腹帯は昔は岩田帯と呼ばれる晒みたいなものだけでしたが、 最近では腹帯とマタニティサポートの2種類あるようです。腹帯にはショーツの下にも着けられるママベルトや、腹巻タイプの妊婦帯があります。

ママベルトはベルトが付いているので、お腹を支える力もしっかり。腹巻タイプの妊婦帯は伸縮性がよく着脱が楽なのが嬉しいですね。スカートの下やリラックスタイムにおすすめです。パンツのように簡単にはけるマタニティーサポートは しっかりしたはき込みで、ヒップラインにもきくばり。動きやすいので、お出かけが多い方にお勤めにおすすめです。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ