会陰とは
 会陰とは、膣口(膣の出口)と肛門の間のわずか数センチの狭い部分のことを言います。広義では左右の大腿と臀部で囲まれる骨盤の出口全体をさし、恥骨結合と左右の坐骨結節、尾骨を結ぶ菱形部となります。

 お産が始まるまではかたく締まっていますが、陣痛が周期的に起きるようになると、おもちのようにやわらかくなります。これはプロスタグランジンというホルモンがたくさん分泌されるためです。赤ちゃんが産道を通って下降し、膣の入口を越えようとしたとき、赤ちゃんの頭にグッと押し付けられる部分なので、 会陰がやわらかく伸びることで赤ちゃんの娩出がスムーズになるのです。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ