ダルさ・眠気 ママは妊娠中

妊娠すると、春先のように頭がボーっとするくらい、眠くて眠くてたまりません。こんな事がよくあります。体内のホルモンが変化するため、イライラや眠気・ダルさなどの症状が続く事もあります。一説には、出産で使うエネルギーを蓄えておくためだとか、母体を安静に過ごさせるために眠気を起こしているとも考えられています。

眠気の主な原因は、プロゲストロンというホルモンで、妊娠3ヶ月までの間は、プロゲステロンが大量に分泌されるために、眠気を感じやすくなります。 このような症状から、風邪の引き始めかな?と勘違いするケースが多く見られますが、生理が遅れているようなら薬を飲む前に診療所(内科)で尿検査をしてもらいましょう。

市販の風邪薬には妊娠に良い影響がない成分が含まれている事もあるので注意が必要です。個人差がありますので、妊娠中期・後期にも眠気が感じられる事が多くなる事があります。

妊娠中の眠気はいつまで続くの?

一般的に、妊娠6ヶ月になるとプロゲステロンは次第に減り始めて、妊娠9ヶ月ではプロゲステロンは減り、代わりにエストロゲンが増えてきます。ですから妊娠6ヶ月頃から眠気は次第に減っていくと考えられています。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ