妊娠中毒症とは

妊娠中毒症とは、妊娠後期に高血圧、タンパク尿、むくみの3つ、またはいずれかの症状が現れることを言います。しかし、日本産科婦人科学会の新しい定義(2006年から)では 妊娠中毒症という名称は使われておらず、またむくみも定義から外され、 現在は、妊娠高血圧症症候群と呼ばれるようになりました。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ