着床出血とは

着床出血とは、受精卵が子宮内膜に着床したときに起こる出血のことを言います。

受精から着床するまで約10日かかり、生理予定日前後に出血の症状がある為、着床出血と気付かない場合もあります。着床出血と通常の生理との違いですが、着床出血は生理予定日より早く、出血量が少量で、 色も薄い鮮血もしくは茶色のおりもののような出血で、高温期が続いていたりします。

出血の量や期間など、着床出血の症状にも個人差があり、妊娠したら必ず起こる症状というわけではありません。また妊娠中に出血があると不安になってしまいますが、必ずしも流産に繋がるわけではありません。

しかし妊娠初期に見られる性器出血は流産・子宮外妊娠にも見られる症状の為、着床出血だから大丈夫と自己判断をせず医師に相談し判断を仰ぐ方が、賢明です。

着床出血以外の性器出血

着床出血以外では、妊娠月経、膣炎・膣びらん、絨毛性出血があり、治療が必要な場合もあります。基本的に赤ちゃんへの影響はなく、子宮内に出血がなければ、安静に過ごせば出血は止まります。気になる出血があった場合、必ず医師に相談をしましょう。

流産による出血

流産の前兆として、子宮からの出血があります。 はじめは、少量でしだいに出血量が多くなり血のかたまり(凝血)のような物がでる事もあります。 下腹部痛や腹部の緊張感、腰痛、発熱を伴う事もあります。

子宮外妊娠による出血

予定月経を過ぎた妊娠初期から少量で不規則な出血、左右どちらかの下腹部痛を伴い肛門部の圧迫感、痛みを感じます。 貧血、吐き気、胸やけなどを伴う事もあります。

胞状奇胎による出血

断続的なはじめに少量で不規則な出血、赤色・赤茶色・ピンク・褐色のおりものがあります。 しだいに出血量が多くなり大出血がおこります。 強いつわり、吐き気、嘔吐、食事をうけつけなくなり約半数に卵巣のはれがみられます。

子宮膣部びらん

びらんとは、ただれのことですが、実際子宮膣部がただれているわけではなく、子宮の膣に面した部分の粘膜が、赤くただれているように見えるため、こう呼ばれます。 子宮膣部びらんは女性ホルモンのさかんな成熟期の女性には多く見られる症状で、大半は良性のものです。 また、生理のある女性の60~70%が、子宮膣部びらんであると言われています。 これは病気ではないので心配の必要はありませんが、ただ子宮膣部びらんがあると、子宮頸管炎などの感染症を起こしやすくなります。 子宮膣部びらんは子宮頸がんの初期症状とよく似ているので、注意も必要です。

子宮頸管ポリープ

子宮頸管粘膜の増殖性病変で、茎をもつような形で発育して外子宮口から露出していきます。深紅色のポリープ(キノコ状の小さな腫瘍)で、多くは単発で発生し、数mm~数cmの大きさです。30~40代の多産婦に多くみられます。 がんなど悪性のものに変化することは、ほとんどありません。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ