母子手帳って何?

母子健康手帳は家庭用の「カルテ」みたいなもので、女性が妊娠・出産し子どもが 成長していく過程での様々な健康管理の記録が出来る様になっています。妊娠中の母子の記録はもちろん、子どもの成長、予防接種の記録ページ等もあるので、 お母さん自身だけではなく通院先の病院、周りの人たちにも知ってもらうきっかけになります。なので、妊娠がわかったら早めにもらいに行きましょう。

母子手帳はいつもらえるの?

通常は妊娠がわかった時点でもらえます。母子健康手帳は自分が現在住んでいる所の市区町村に妊娠届けを提出するともらえますが、受付窓口は自治体にによって違いますから、 分からない場合は役所や各自治体に前もって電話をして聞いてみましょう。

母子健康手帳の大きさやデザイン・内容などは 地域によって違ってくるので母子手帳ケースなどは もらいにいってから揃える事をお勧めします。

母子手帳の交付手続き

本人の申告があればもらえるところが増えていますが、病院の証明書がないともらえない自治体、役所等で自己申告するだけでもらえる自治体、必要な書類も全く異なります。曜日が決まっていたり、印鑑が必要だったりとさまざまです。

また区域によってちがいますが、中には週に一度だけ受付があったり、時間が決まっていたりするので注意が必要です。パパママ教室やマタニティ相談等が母子手帳の交付とセットになってるところは時間がかかる事があるの早く受け取りたい方は事前に確認をしておいたほうがいいかもしれません。次は初めか知っておきたい葉酸です。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ