妊娠中は母子手帳を携帯しましょう

母子手帳は常に携帯する事を心がけましょう。妊娠中の定期健診や、その他の検査を受けたときなど、 医師や助産師に必要事項を記入してもらいましょう。母子手帳に妊娠中の経過が記入されていると、万が一のときでも応急処置に 必要な情報がすぐにわかり適切な対応が可能となります。母子健康手帳には、医師や助産師が記入する項目以外に、自分で記入するところもあります。赤ちゃんが生まれてからも、母子の健康状態、発育、発達、予防接種などの記録が役に立ちます。お母さんと赤ちゃんの健康管理のためにも、母子手帳を活用しましょう。母子手帳を受け取ってない方は母子手帳の交付時期をご覧下さい。

母子手帳って何?

母子健康手帳は家庭用の「カルテ」みたいなもので、女性が妊娠・出産し子どもが 成長していく過程での様々な健康管理の記録が出来る様になっています。妊娠中の母子の記録はもちろん、子どもの成長、予防接種の記録ページ等もあるので、 お母さん自身だけではなく通院先の病院、周りの人たちにも知ってもらうきっかけになります。なので、妊娠がわかったら早めにもらいに行きましょう。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ