妊娠前のBMIから妊娠中の体重増加目安が測定できます。体重管理をしっかりして安産を目指しましょう。

妊娠中のBMI測定チェックツール

BMIによる計算です。
半角数字で妊娠前身長(cm)体重(kg)をなるべく正しく入力して計算・測定をクリックして下さい。

 身長 cm  体重 kg 

妊娠中の太りすぎ・痩せすぎによる注意点

妊娠中の太りすぎと痩せすぎ お腹の中の赤ちゃんは約3000gの大きさにまで成長します。妊娠中に体重が増えるのも胎児や胎盤の重量、羊水、大きくなる子宮や乳房の分さらに血液の増加、出産と授乳にそなえる母体の皮下脂肪分などのためです。体重が増えるのは自然なことであり、またとても重要なことなのです。しかし、太りすぎにも痩せすぎにも注意をはらう必要があります。
体重増加は1ヵ月1Kg以内を目安としましょう。

妊娠中に太った人は全員難産で太らなかったら必ず安産というわけではありませんが、妊娠中に体重が増えすぎてしまうと、糖尿病や妊娠高血圧症候群恐れがあり、難産になりやすいというリスクがあります帝王切開になる確率が2割ほど高くなるという説もあります。また、痩せすぎている人も注意が必要です。
体重が増えていない人ほど低体重児を産む確率は多くなります。

しかし妊婦さんの8割以上は、安産ですので、心配しすぎることもストレスの原因になる事があります。自分のできる範囲で自己管理をしましょう。太りすぎると、産後も妊娠前の体型に戻りにくくなるので注意が必要です。

BMI=体重(キロ)÷身長(センチ)×身長(センチ)
・18.5未満=やせ
・18.5以上25未満=標準
・25以上30未満=肥満
・30以上=高度肥満
標準体重(キロ)=身長(センチ)×身長(センチ)×BMI標準値(22)

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ