妊娠中の便秘の原因、対策についてよく知って、少しでも快適で楽しいマタニティライフを過ごしましょう。

なぜ妊娠中は便秘になるの?

もともと女性は便秘体質の人も多いのですが妊娠中は、胎盤から分泌される、妊娠中の黄体ホルモンによって、腸の働きが悪くなり、それが便秘の原因になってしまうのです。

また、妊娠初期、妊娠後期は子宮もどんどん大きくなり、腸を圧迫し始め、結果的に便秘になりやすくなってしまいます。

妊娠中の便秘解消法

食物繊維の摂取を心掛ける

繊維質のものを食べると便通が良くなると言われています。これは食物中に繊維が多いと、腸内で水分をたっぷり吸い込むため便が硬くならないからです。食物繊維を多く含む野菜、果物、海草類や豆類、きのこ類などを食べるようにしましょう。

冷たい水・牛乳やオレンジジュースを飲む

早朝、朝食前に冷たい水・牛乳やオレンジジュースを飲みましょう。冷たい物を飲むことで腸内が刺激され便通がよくなります。お腹を冷やしちゃいけないのでほどほどに… 牛乳に含まれる乳糖は、大腸内の細菌の働きで乳酸と酢酸に分解されます。この酸が腸を刺激して蠕動運動を起こします。

適度な運動

運動量が少ないとどうしても便秘になりがちです。妊娠は病気ではありません。体を大事にするあまりに安静だけでは便秘になって逆効果です。医師に相談して運動して下さい妊娠中期頃(安定期)に入ったら運動の計画を立てましょう。

排便の習慣をつける

もともと便秘気味だったり排便の習慣がない場合も便秘の原因になります。便意がなくても毎日朝食後にトイレに行く習慣をつけましょう。

こまめな水分摂取

こまめに水分を摂取する事で便を柔らかくし、便秘を解消します。腎臓の疾患・妊娠中毒症の方は医師に相談しましょう。

便秘薬(注意)

妊娠中に市販の下剤などを使用すると流産・早産の原因になる事があります。自分で便秘を改善できない場合は無理をせず、医師に相談してお薬を処方してもらいましょう。

乳酸菌プラス

妊娠中に乱れやすい腸の調子を整える乳酸菌が生きたまま腸まで届きます。

妊娠中の下痢

妊娠中に下痢が続くと、肛門周囲の清潔が保たれないので、膣や尿道まで、炎症を起こす場合があります。また、下痢をすると、膀胱炎や膣炎を引き起こし、感染から流産や早産を 引き起こす可能性もあります。

もし下痢になってしまったら

脱水症状を起こす危険があるのでこまめな水分補給を心がけましょう。下痢が続く場合は無理して症状が改善するまで待つ様な事はせず、医師に相談して下さい。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ