バースプランとは

バースプランとは、その名の通り、お産・出産のプランのことを言います。自分がどういったお産をしたいのか、したくないのか、具体的に書き出して、スタッフに提出します。

自分なりによく考えて、プランを明確にしておきましょう。お産は、本来、たいへん自然な営みであるはず。でも、医療施設でのお産が当たり前になって、しかも、お産本番においては、どの医師や助産婦が立ち会うのかもわからないなどという状況では、とても自分の考えるお産を実現できはしません。

バースプランとは、そんなときの助けになるのです。これまでは、医療に管理された「産まされるお産」が広く行われてきました。現在は、こうしたお産への反省から、妊婦さんが主体となって、自分で産むお産へと大きく流れが変化しています。

お産に積極的になること、妊婦さんが主体となってするお産では、妊婦さんが受け身であってはなりません。母親学級などにも積極的に参加し、自分なりにお産についての考えを深めることが大切です。

バースプランを作成していく過程で、わからないことなどたくさん出てくると思います。そうしたことをスタッフにどんどん質問し、お産の方法や処置の具体的な希望、その他、陣痛と陣痛の間はこうして過ごしたい、などというイメージも大いに盛り込んでいくべきです。

バースプラン:具体的な項目としては(参考) ・彼の立ち会いを希望 ・赤ちゃんが生まれるまで、好きな姿勢でいたい。

・陣痛促進剤は、あまり使いたくない。
・痛みは呼吸法で逃したい。
・生まれた赤ちゃんをすぐに抱っこしたい。
会陰切開は、できればしたくない。
・産後30分以内に赤ちゃんにおっぱいを飲ませたい。
・母子同室にして欲しい。
・できる限り母乳を飲ませたい。

近年では、バースプランを妊婦さん全員に書いてもらう産院も増えてきました。こうしたことを行っていない産院であっても、自分なりにつくってみて、主治医や助産婦に相談しましょう。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ